名古屋ハピネス鍼灸接骨院 丸の内

予約優先052-684-6116 お問い合わせはこちら
MENU

あなたの腰痛、こんな特徴がありませんか?

腰痛コラム第3回~あなたの腰痛、こんな特徴がありませんか?~

慢性の腰痛とは、筋肉の炎症による不調と
神経の不調(神経障害性疼痛)、また、心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態です。
腰痛によって身体を動かさないでいると、
それが精神的ストレスとなります。
精神的ストレスが続くと、痛みを抑制する
脳のシステムが機能しなくなって神経が
過敏になり、さらに腰痛を感じるようになり、ますます身体を動かさなくなってしまいます。これが腰痛の悪循環です。
また、痛みのことばかり考えていたりすることも、ストレスとなり慢性化の原因となります。

主な慢性的な腰痛の特徴を挙げます。

1.腰が重い
2.腰に激しい痛みがある
3.起床時や疲れた時に腰の痛みがある
4.腰からふくらはぎにかけて痛みや痺れがある
5.安静にしているとラク、
逆に安静にしていても痛い

何かお困りの方がいらっしゃいましたら
ぜひ名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内までご相談ください。

カテゴリー: インフォメーション | あなたの腰痛、こんな特徴がありませんか? はコメントを受け付けていません。

一度やるとクセになる「ぎっくり腰」の予防

腰痛コラム第2回〜一度やるとクセになる「ぎっくり腰」の予防〜
前回、ぎっくり腰の予兆についてお話しさせて頂きました。
そもそもぎっくり腰とは、あくまで総称です。
ちなみに海外だと、"魔女の一撃”と呼ばれてもいます。
このぎっくり腰、
正式名称は『急性腰痛』と呼ばれるものです。
ぎっくり腰は、高齢になる程、引き起こしやすいと思う方も多いと思いますが、
実は違います。
若くてスポーツや筋トレをしっかりしている方でも、ぎっくり腰は起きるのです。
ではなぜ起きるのでしょうか??
それは、体の回復力を上回る負担が掛かることで起きます。
筋肉も使えばもちろん疲労します。
疲労が溜まっている状態で、更なる負担を掛け続けると
筋肉も限界に達して筋繊維が壊れてしまいます。
結果、ぎっくり腰が完成してしまいます。
では、予防するにはどうするべきか?
★適度な運動、姿勢の維持
 いつもより激しく動く時は、前後にかならずストレッチを行う事。
 筋肉量を増やす事。柔軟性をつける事。
 要である骨格が歪む事で、付着する筋肉も無理に引っ張られます。
 座っている時、立っている時、寝ている時…
 一度ご自身の姿勢を見直してみてください。
★️腰に無理な動きをさせない事
 実は無意識にやっている行動が腰に過大な負荷をかけています。
 例えば、靴下や靴を履く時、立ったまま履いてませんか?
 実はこれだけでも腰に強いダメージがかかります。
 当たり前にやっている行動を見直してみてください。
★️しっかり休む事
 なんだかんだでこれが一番大切です。
 1日の疲れをしっかり取り切る為にも、
 食事、入浴、睡眠を心掛けてください。
【当院では】
○硬く緊張した筋肉をほぐす為の、高圧電気治療や鍼灸
○骨格を整える、骨盤矯正
○体幹の筋肉をつける複合高周波EMS

お悩みに沿ったメニューを揃えております。

腰の痛みの調整、予防したい方、相談はハピネスでしっかり施術、

アドバイスをさせて頂きますので、お気軽にご連絡下さい!
ありがとうございました!
カテゴリー: インフォメーション | 一度やるとクセになる「ぎっくり腰」の予防 はコメントを受け付けていません。

ぎっくり腰になる予兆ってあるの?

~腰痛コラム第1回~
「ぎっくり腰になる予兆ってあるの?」

1.座っている時に違和感がある
ぎっくり腰になる予兆を感じたという人の中で多い項目です。
腰がいつもより重たく感じたということです。 椅子に座っているときに、
体の感じがいつもと違うと感じている人が多いです。椅子から立ち上がるときに、
いつもよりも腰が重たく感じた、座っているときや
方向転換するときに何か体の反応がいつもと違った時は注意が必要です。

2.寝返りが打ちにくくなる
ぎっくり腰になる前に、眠っているときに違和感があったという人も見られます。
ベッドで横になっているときに、寝返りを何度か打ちますが、
この時にいつもよりも打ちにくく感じます。
腰を回しにくい、何か重たいと感じている場合は要注意です。
このような不調がしばらく続いているのなら、ぎっくり腰リスクが高いかもしれません。

3.拾い物が取りにくくなる
床に物を落としたときに、腰を曲げて拾う人は多いと思います。
この時ぎっくり腰にかかる少し前から、かがみにくく感じたという人も見られます。
腰がスムーズに曲げられない、何か違和感があって拾えないという場合にも要注意です。

以下の3つの項目が気になった方はぜひ
名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内まで
ご相談ください。

カテゴリー: インフォメーション | ぎっくり腰になる予兆ってあるの? はコメントを受け付けていません。

慢性肩こりを本気で治したい人に続けてほしいこと

肩こりコラム第4回〜慢性肩こりを本気で治したい人に続けてほしいこと〜

毎日、施術を受ければ身体は健康を維持できます。

もちろん、出来る限り毎日通ってもらった方が健康な状態を維持できるのは確かです。

しかし仮に、毎日通っても、接骨院に滞在する時間はそんなに長くないと思います。

大切なのはそれ以外の時間です。

●ステップ①肩こりの原因を探る

コラム1~3回で肩こりになる方の特徴はご理解いただけたと思います。
まずはご自身の肩こりの原因となるクセを見つけて下さい。
姿勢が原因なのか、冷えなのか、ストレスなのか。
見つけたら原因となるクセをなくすように取り組んでください。

●ステップ②トレッチや筋トレで、筋肉・骨の強化し硬くなった筋肉へ血を送る

筋肉が硬くなると、やがて痛みに変わります。筋肉の回復を図る為にもストレッチや
筋トレで柔軟性や大きい筋肉を作り血液循環を良くして下さい。循環が良くなると、
酸素や栄養が筋肉に流れやすくなり、筋肉に貯まった老廃物やコリの原因も循環に
よって流れていき吸収されます、

このステップを意識しなくても出来る様になってくると、自然と肩こりは和らぎます。

継続して続ける事が大切です。

肩こりが無いのが当たり前になるよう頑張って下さい!

メンテナンスをしたい方は、ご相談頂ければ当院でしっかり診させて頂きます。

ありがとうございました!

名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内
名古屋市中区丸の内2-17-22丸の内桜通ビル1F
TEL:052-684-6116
HP : http//nagoyahappiness.com

カテゴリー: インフォメーション | 慢性肩こりを本気で治したい人に続けてほしいこと はコメントを受け付けていません。

10代でも肩こり!?「スマホ姿勢」に要注意!

~肩こりコラム第3回~ 10代でも肩こり!?
「スマホ姿勢」に要注意!

「電車に乗ると車両内の全員がスマートフォンを操作していた」。
そんな光景も日常茶飯事。私たちの生活に欠かせない存在となったスマートフォンは
「手軽で便利」な代わりに、様々な弊害の原因にもなっています。

今やスマートフォンの国内普及率は約50%。つまり2人に1人がスマホを持ち、
さらに10代~50代に限れば、60%超の人がスマートフォンを利用していると言われています。1日の利用時間は、平均約2時間。

スマートフォンの長時間の使用により、様々な不調が起こります。
特に多い不調は肩こりです。
スマートフォンの利用に関しては、こういった身体の直接的な不調だけでなく、
「スマートフォンがないと不安を感じる」など、
『スマホ依存症』も問題視されています。

スマートフォンを使用するときは、どうしても頭が下がりがちです。
この姿勢を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が悪化。
それが肩こりの原因になります。

スマートフォン姿勢対策

スマートフォン姿勢にならないためにはどんなことに気を付ければいいのか、
今からでもできるコツを紹介します。

機種選びのポイント
機種を選ぶ際は、機能やデザイン性だけでなく、自分の手のサイズに合ったものを
選びましょう。大き過ぎるスマートフォンは、親指を不自然な形で動かしてしまう場合や、ホールドするのに余分な力がかかってしまうこともあります。

使用する時間
パソコンやタブレットなども同じですが、
連続して長時間使わないように心掛けましょう。

使用する姿勢や環境
使用する姿勢 イメージ
細かい字をのぞき込むような姿勢はダメです。
また、画面と周囲の明るさとの差を少なくし、寝る前にベッドの中に入ってから
使用するなど、暗い場所での使用は控えて下さい。

カテゴリー: インフォメーション | 10代でも肩こり!?「スマホ姿勢」に要注意! はコメントを受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ